• 2019.07.12
  • コラム
  • 海外移住
  • 渡航準備

海外移住前に準備しておくべきリストをご紹介!≪3ヶ月前をきったら≫

こんにちは。スタッフの北原です。

海外移住のために何を準備したら良いのか、全3回に分けて準備リストや注意事項をご紹介しているこのコラム。
今までのコラムはこちらになります。
第1回「海外移住前に準備しておくべきリスト≪3年前~半年前≫
第2回「海外移住前に準備しておくべきリスト≪半年前~3ヶ月前≫

第3回では、いよいよ「海外移住前に準備しておくべきリスト≪3ヶ月前をきったら≫」をご紹介していきます!

≪3ヶ月をきったら:国内の手続きや渡航準備≫

【パッキング】
出発の準備をする際に、まず悩むのは荷物を入れるケースなのではないでしょうか?
基本的には頑丈なスーツケースをオススメしますが、現地で移動が多い場合などは軽くて持ち運びしやすいソフトキャリーバッグの方が良いかもしれません。

◆スーツケース選びのポイント
1.サイズを決める
・滞在期間や現地気候により、持参品の内容や量を測る。一般的には1週間程度であれば、90リットル位が最適だとされています。
・機内持ち込みを希望する場合は、国際線航空会社の規定内のサイズを選択する必要があります。一般的には、縦横高さの3辺の和が115㎝以内で総重量7kg以内〜20kg以内となっていますが、航空会社または搭乗便の状況にもよりますので、予約時に必ずご確認ください。

2.重さ
国際線の場合、無料で預けられる手荷物の許容量があるので、本体はできるだけ軽いものを選ぶことをオススメします。
一般的な国際線の無料預け入れ手荷物規定は下記を参照ください。
・無料手荷物の許容量…23㎏まで(エコノミー)
・荷物1つにつき、3辺(縦×横×高さ)の和…203㎝以内
・個数…2個まで
*但し、航空会社または路線により違いがあるので、必ず予約時にご確認ください。

3.丈夫さ
スーツケースの素材は、樹脂がほとんどです。最近はポリカーボネートとABSという樹脂が大半を占めているようです。ポリカーボネートのほうが少し柔らかい感じがするタイプですが、耐衝撃性ではより強いようです。それに伴い、価格もポリカーボネートが概して少し高いといえます。

4.購入かレンタルか
短期の滞在もしくは頻繁に海外に行く機会がない場合は、レンタルすることも検討してみてはいかがでしょうか。ネットで注文するとご自宅まで配送してくれますし、また返却の際も引き取りに来てくれます。種類も豊富で好みのものを選んで利用することができます。7日間で5,000円から8,000円程度が多くなっています。

トコーnavi
旅行用品のセレクトショップサイト。
スーツケースはもちろん、海外用の電気製品まで揃えられます。
営業日15時までのご注文で、当日対応してくれます。

楽天市場
皆さんご存知の、オンライン総合ショッピングモール。
家電製品全般から海外用電気製品まで何でもあります。
楽天カードがあれば、さらにお得にお買い物が出来ます。

【DMM.com】いろいろレンタル
国内最大級の品揃えで、様々なもののレンタルを行っています。
往復送料無料や安心レンタル制度で修理費用がいらないなど、サービスも豊富!

【衣類・パソコン・家電】
1.衣類
現地の気候条件に合わせた衣類が基本ですが、長期滞在の場合は現地調達も計画に入れて最小限に抑えることも考えてみてはいかがでしょうか。またスーツケース内でかさばらないように圧縮袋の利用もオススメです。

2.パソコン
通常使用している品か、日本語のOSがインストールされているラップトップかタブレットを日本で購入して持参することをオススメします。(お子様の留学等の場合、学校から指定される可能性がありますので確認が必要です)

電源については、最近のパソコンであればほとんどACアダプター が100~240V対応になっているので変圧器は必要ありません。ただし 電源プラグ(コンセント)の形状が違うので、海外用変換プラグを用意する必要があります。現在世界で使われているプラグの形状はA / B / C / SE / B3 / BF / O / O2 / CBの9タイプあり、国ごとに異なりますので渡航する国に対応する変換プラグを購入またはレンタルすることになります。9タイプが1セットになった品もあります。
インターネットの接続に関しては、最近のパソコンはほとんど無線LANが内蔵されていますので、現地でWiFi(無線でインターネットに接続する方法)が使える環境にあれば接続可能です。国際空港やホテルなどでは、多くの場所で無料のWiFiがあります。より確実なのは、日本から海外で利用できるモバイルWiFiルーター(無線LANをパソコンに繋げる携帯機器)をレンタルして持参することです。

パナソニックストア
パナソニックのPCといれば「レッツノート」。
軽くて頑丈な上に、長時間駆動の高性能ノートのため、
ビジネス用途で圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

Dynabook
徹底的に品質にこだわり抜いたパソコン。
そのため長時間使用しても壊れない高い品質、長時間駆動可能なバッテリーなど魅力的なポイントが満載です。

Lenovo公式オンラインストア
ThinkPad, Idea Padおよび周辺機器の販売を購入できます。
ノートパソコンのカスタマイズの自由度が高く、
国内のパソコン出荷台数がNo.1です。

ヤマダモール
ヤマダ電機が運営する、公式ショッピングサイト。
商品点数120万点を取扱い、安価なだけでなくこだわりの逸品も取り扱っています。

Mac専門店 秋葉館.com
Apple製品専門のオンラインショップ。
Mac本体はもちろん、Mac関連商品からiPhone/iPod周辺アクセサリ等もあります。

3.その他家電
例えばドライヤーやその他国内家電品を使用する場合は、変圧器が必要になります。変圧器も購入またはレンタルすることが可能です。
スーツケースの項目でご紹介した、トコーnavi  / 楽天市場 / 【DMM.com】いろいろレンタル のページからもお探しいただけます。

【現地で使用する携帯電話】
日本で使用している携帯電話を海外で使用することは可能です。
国際ローミングサービスを利用する場合には、日本の携帯電話キャリアを通じて事前に申込みが必要です。提携海外電信会社を通じて通話やメールをすることになるので、料金は高額になることもあります。海外パケット通信定額プランを提供している会社もあるようですので、ぜひ一度ご使用いただいている電話会社にご確認ください。
電話回線をオフ状態にしたスマホで、WiFiからインターネットに接続してメールやメッセージのやりとりをすることは可能です。海外用WiFiルーターをパソコンと同時に使うこともできます。またレンタル海外携帯電話を利用すれば、定額にて特別な設定無しで電話やメールを利用できます。最近はSIMロックフリーの機種も多くなりましたので、SIMカード購入のみのお客様も増えています。

海外用携帯電話のレンタルをお考えの方へ
海外現地回線を利用し、日本語の携帯やスマホを格安料金でレンタルしています。

海外用WiFiレンタルはこちらへ
海外回線を利用し、海外のWi-fiモデムをレンタルを格安でレンタルできます。

日本からかける格安国際電話はこちらへ
国内の大手通信会社の回線を利用し、高品質・低価格な通話ができます。
相手先が固定でも携帯でも、24時間均一料金なので安心!

【渡航先または長期滞在用の保険の加入】
留学・長期旅行・ワーキングホリデー・駐在員プランなどがあります。
滞在期間中の下記のような事象に対応します。

●ケガや病気に関する補償
●賠償責任に関する補償
●身の回り品に関する補償
●飛行機の欠航・遅延などに関する補償
●その他キャッシュレスメディカルサービスなど
●現地サポートもあり
保険申込みはアエルワールドにて取り扱っております。お気軽にお問合せ下さい。

【その他の手続き】
特に長期で海外に渡航する場合には、不要なカード・保険・銀行口座・賃貸・水道・ガス・電気・電話・インターネットなどは解約、または変更の手続きを行いましょう。また郵送の転送届を提出し、国内で郵便を受け取れる住所を登録するか、場合によっては私書箱を使用される方もいらっしゃいます。また海外転出届や年金事務所への届け出も、必要に応じて行ってください。

3回に分けて「海外移住前に準備しておくべきリスト」をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
ギリギリになって焦ることがないように、しっかりと計画を立てながら準備を進めて、心置きなく留学や海外移住生活を満喫していただきたいと思います。

アエルワールドでは移住先の視察や下見のご相談はもちろん、戸籍謄本などの文書の翻訳も承っています。
また事業経営者・投資家・資産家の皆様には、国際税務の専門家をご紹介することも可能ですのでぜひご相談ください。
「もっと詳しい情報が知りたい」「不明点を聞きたい」などご要望があれば、お気軽にアエルワールドまでお問い合わせください!

次回は、渡航前に調べておくべき気候や地理・治安情報などのリンク集をお届けします。
お楽しみに!