アメリカ合衆国


ダイバーシティに富んだ自由の国

50の州及び連邦区からなる大国で、3億人以上が暮らしています。山岳地域や砂漠・亜熱帯など、地域によって気候や地理が大きく異なります。世界各国から多様な民族が集まり、様々な文化や宗教に触れることができます。そして、政治や経済・ファッション・エンターテインメント・スポーツなど、多大な影響力のある国家として強い存在感を放っています。

Point of view by AERWORLD

投資のしやすさ
投資のしやすさ10
投資永住権の取得難易度は、先進国の中でも最低ランクでアジア発展途上国並。50万ドルの投資で永住権申請できるというメリットを受けられるうちに申請すべし。
教育レベル
教育レベル10
世界トップレベルの教育を受けられる。様々な教育機関のランキングでも上位を独占し、過去のノーベル賞受賞者も世界最多の360人以上と別格。ただし格差は大きいので、公立校の場合は居住場所の選定が重要。
医療の質
医療の質10
世界最先端の治療を受けることが可能。技術・人材共に世界トップレベルだが、医療費が高額になることも。
食事情
食事情08
大都市には世界各国から様々なお店が進出してきており、多種多様なレストランを楽しむことも食品を得ることも可能。ただし、都市部以外はアメリカの食事がメインとなるため、工夫が必要。
治安
治安05
場所によって大きく異なるのがアメリカ。治安=不動産価格となるため、安心を買うという発想で家選びをすればリスクコントロールは可能。ただし、銃が気になる方は銃規制が厳しいハワイがお勧めかも。
生活コスト
生活コスト06
過去の経済危機の影響を受けつつも右肩上がりで、物価や特に不動産価格は上昇中。都市部と郊外の価格差は大きいので、場所を選べばコストを抑えた生活が可能。
気候
気候08
国土が広いため様々な気候を選べる。ハワイやカリフォルニア州南部なら1年中温暖な気候。反対にニューヨークやシカゴなどの東海岸の都市は、夏と冬の寒暖差が激しいのが特徴。

ビザの種類と概要

EB-5投資永住権プログラム(グリーンカード取得プログラム)

米国移民法により定められた政府公認のアメリカ永住権を取得する投資永住権プログラムのことです。永住権取得者は、教育・ビジネス環境において、アメリカ人と同様の生活を送ることができます。あらゆるプロジェクトの中から投資先を選択し、最低50万USドルの投資をすることと、一定条件を満たせば家族と一緒にグリーンカードを申請できます。

ビザの申請条件

  • ・最低50万USD以上の投資が可能なこと
  • ・渡米後、経済的に自立した生活ができること
  • ・過去に重大な犯罪経歴が無いこと
  • ・健康であり重大疾患が無いこと

ビザのポイント

  • ・年齢、学歴、キャリア、英語力は不要
  • ・事業の運営経験、企業での勤務経験は不要
  • ・投資を行ったプロジェクト先の州や都市に移住する義務なし
  • ・事業運営に参画する義務、就労義務なし

投資先の情報

JWマリオットアナハイムラグジュアリーホテル(仮名)
EB-5プロジェクト(※2020年末完工予定)

  • ・投資金額:50万USD
  • ・運営企業:Marriott International
  • ・立地:カリフォルニア州アナハイム (※2020年末完工予定)
    ディズニーランド・アナハイムガーデンウォークショッピングセンターに隣接
  • ・敷地面積:116,000平方フィート
  • ・客室数:466室(12階建て)


主要都市

ハワイ

アメリカ最南端の州で、有名なワイキキビーチがある“オアフ島”、活発なキラウエア火山のある“ハワイ島”、壮大なハレアカラのある“マウイ島”、ハワイ最古の島として知られる“カウアイ島”と個性溢れる島々で構成されるリゾート地。一年を通して穏やかな気候で過ごしやすく、銃規制が厳しいため治安も良いといわれています。また時差も少ないため、ビジネスなどで日本を行き来する方にも最適。当社顧客の80%以上が、移住先にハワイを選択しています。

カリフォルニア

アメリカ最大の人口を誇るカリフォルニア州、特にアーバインとサンディエゴがオススメ。アーバインは温暖な気候で、学園都市のため住環境と安全性で屈指の人気を誇ります。特にUCアーバイン周辺は高級住宅が建ち並んでいます。サンディエゴはメキシコの国境に隣接していますが、全米有数の治安の良さです。年間を通じて温暖で、スペインの統治下にあったこともあり、ヨーロッパ風の建物が見られる点も魅力です。


サポート内容

  • ・投資家ビザの申請代行
  • ・投資先プロジェクト情報の提供及び視察のアテンド手配
  • ・移民法、ビザ申請情報の提
  • ・現地移住情報の提供及び相談
  • ・提携金融機関における現地生活費及びビザ申請資金の準備(サービス、手数料は金融機関の規定に従います)
  • ・渡航前税務診断(申告等の実務が発生する際、別途要代金)

<オプション>

  • ・お子様のインターナショナル校手配
  • ・現地下見(学校及び不動産視察、生活オリエンテーション)の手配


ご出発の流れ

  1. 準備期間(投資案件視察、教育機関の選定、生活資金の準備:1ヶ月~2年程度)
  2. ビザ申請期間(申請料手配、健康診断等、健康診断等、申請書類の収集:17ヶ月~20ヶ月程度)
  3. 渡航準備期間(航空券、海外保険、銀行口座開設等の手配)
  4. 最終準備期間(最終確認、生活オリエンテーション等を行い、ビザ発給後に渡航)

※準備期間は3ヶ月~3年が目安です。条件やご事情により準備期間が変動することがあります。

※アメリカ投資家ビザ(EB-5)にご関心がおありの方はこちらから、又は0120-070-069までお問い合わせください。