マルタ

マルタは地中海の中央部、シチリア島の南約93kmに位置する島国で、年間を通じて恵まれた気候、高い医療レベル、治安の良さ、公用語として英語が使われていることなどから人気の高い国です。ヨーロッパでも有名なレジャーリゾート地で、ヨーロッパ、アジア、アフリカの海上交通のハブでもあります。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の三つが主要な島で国土面積は東京23区の約半分の大きさ、首都はマルタ島のバレッタです。主要な島々の海岸線は変化に富み良港が多く、地形は低い丘陵や台地からなり、最高地点はマルタ島内の標高253mの丘陵です。小型犬のマルチーズの発祥の地で、マルチーズの名はマルタに由来しています。

気候は典型的な地中海気候で、夏は乾燥した暑さ、冬は穏やかな気候の暮らしやすい環境です。生活費や学費の水準が比較的低く、魚介類や野菜を中心にする食事や、数多くの歴史的建築物と文化を楽しむことができます。鉄道はなく、移動の手段はもっぱら車かバスです。マルタはバスの交通網が発達しており、本数も多く運賃も安いため、島内のほとんどの主要な場所へ簡単に行くことができます。自動車の通行区分は日本と同じ左側通行で、右ハンドル運転です。

主要言語 マルタ語、英語
人口 445,000人(2014年)
面積 316km²
首都 バレッタ
主な宗教 カトリック
通貨 ユーロ
気候 夏期の平均気温は19℃-32℃、冬期の平均気温は9℃-17℃
国際的地位 EU加盟国、シェンゲン国

不動産とマルタの景気

ヨーロッパ経済に大きな打撃を与えた2008年のリーマンショックにより、マルタ経済は2009年以降しばらく停滞しましたが、2013年以降回復局面に入り、実質GDP成長率は2014年に+8.31%、2015年は+7.43%、2016年は+5.04%と順調に伸び続けています。

観光と新興の金融サービスセクターの成長が特に顕著です。人口一人当たりの2016年の実質GDPは約2万ドル、消費者物価指数(CPI)は0.90%、失業率4.8%と、ヨーロッパの中でも豊かな国の一つです。外資系企業の誘致にも積極的で、金融、情報、電子、輸送などの分野のヨーロッパ企業を中心にマルタ経済に大きな貢献をし始めています。

不動産価格も堅調に推移しています。EU統計局によって発表されたデータによると、2015年のマルタの不動産価格は、2014年の同時期の不動産価格と比較して6.2%上昇し、上昇率はヨーロッパで第一位でした(ユーロ圏全体では2.3%、EU全体では3.1%)。海外投資家や長期滞在者からの需要は強く、供給が限られている事もあり、不動産価格の上昇が継続することが予想されています。

ビザの種類と概要

マルタ国債投資居住プロジェクト

マルタ国債(高格付けユーロ債)を25万ユーロ購入し5年以上保有すること、および政府の定めた条件に適合するマルタ国内の不動産に5年以上投資あるいは賃貸することにより申請・居住が可能となる永住ビザです。

主な投資条件

条件

  • 1.申請者は、25万ユーロ以上の国債を購入の上、5年以上保有すること
  • 2.申請者は、次のいずれかの政府の定めた要件に適合する不動産に投資または賃貸すること
  • ・不動産の購入:下記の地域以外であれば32万ユーロ以上、ゴザ島/マルタ島南部であれば27万ユーロ以上の不動産を購入
  • ・不動産の賃貸:下記の地域以外であれば年間賃料1万2,000ユーロ以上、ゴザ島/マルタ島南部であれば1万ユーロ以上の不動産の賃貸

申請者

  • ・満18歳以上で、年間収入が10万ユーロ以上、あるいは保有資産が50万ユーロ以上であることの証明
  • ・政府の定めた要件に適合する不動産に投資(購入または賃貸)し、5年以上保有すること
  • ・同時に、25万ユーロ以上の国債を購入し、5年以上保有すること
  • ・マルタ政府に3万ユーロを納入すること(返済はされない)
  • ・犯罪歴がないこと(無犯罪証明のご提出)
  • ・個人デューデリジェンスを通過すること
  • ・医療保険(EUにおいて3万ユーロ以上をカバーする健康保険)の購入
  • ・非EU加盟国の国民であること

従たる申請者

  • ・主な申請者の法律上の配偶者
  • ・満18歳未満の子女
  • ・満18歳以上、未婚で経済的に独立していない子女
  • ・経済的に独立していない主申請人および配偶者の父母および祖父母

ビザのポイント

  • ・申請者への必要要件が少ない:事業経歴、言語能力、学歴、年齢、投資資金の出所などは問われません。
  • ・必要投資額が低くコストパフォーマンスがよい:不動産を賃貸した場合、最低26万ユーロの投資で即時に長期居住許可が得られます。
  • ・申請から許可までの時間が早い:必要資料提出後3ヶ月ほどで居住権が得られます。
  • ・四代で移住が可能:主たる申請人の申請のみで、家族四代が同時に居住権を与えられます。
  • ・マルタへの必要滞在期間が短い:申請前に一度入国するだけで構いません。
  • ・投資リスクが低い:マルタ国債は’A’ランクに格付けされており、比較的低リスクの投資です。
  • ・マルタ以外での所得にはマルタで課税されません(現地所得には課税あり)。
  • ・シェンゲン協定の地域(マルタを含むヨーロッパ26カ国)でビザ無しでの移動が可能です。

※上記内容は最新の移民法、もしくは信頼できると思われる情報を元に作成しておりますが、法律の改正、状況の変化によって実際とは異なる可能性があり、当社がその正確性・完全性において保証するものではありません。

サポート内容

  • ・投資家ビザの申請代行
  • ・不動産情報の提供及び視察のアテンド手配
  • ・移民法、ビザ申請情報の提供
  • ・マルタ移住情報の提供及び相談
  • ・提携金融機関における現地生活費及びビザ申請資金の準備(サービス、手数料は金融機関の規定に従います)
  • ・渡航前税務診断

<オプション>

  • ・ お子様のインターナショナル校手配
  • ・ 現地下見の手配(学校及び不動産視察、生活オリエンテーション)

申請までのおおよその流れ

  • 1.ロングステイ準備期間(滞在予定場所・投資不動産視察、申請・生活資金の準備:半年~2年程度)
  • 2.申請書類準備期間(健康診断等、申請書類の収集:3ヶ月程度)
  • 3.ビザ申請代理人によるビザ申請の代行(審査期間は3週間程度)
  • 4.ビザ発給後、渡西

※マルタ投資ビザにご関心がおありの方はこちらから、又は0120-070-069までお問い合わせください。