• 2020.08.24
  • ゴールデンビザ
  • スペイン
  • ダン岡崎
  • 投資ビザ
  • 投資家ビザ
  • 投資永住権
  • 海外不動産
  • 海外移住

第49回 “ダン岡崎”の一口アドバイス :スペインのゴールデンビザ(4)ゴールデンビザの特色と独自の魅力とは?

こんにちは!海外移住コンサルタントのダン岡崎です。

前回のブログでは、スペインのゴールデンビザの沿革と投資オプション、そして最も人気のある不動産投資のポイントについてお伝えしました。今回はスペインのゴールデンビザの特色と独自の魅力についてお話ししますね。

1. スペインでの居住や滞在の要件がない長期居住権
スペインのゴールデンビザは最初に2年間、その後は5年間の居住権が付与されます。2年間および5年間の居住権には、スペインでの居住や滞在の条件が一切なく、不動産の維持を条件に何回でも更新が可能です。つまり、ゴールデンビザを取得した投資家(主申請者)と家族メンバーは、更新の時にだけスペインを訪問すれば良いのです。お仕事や学校のために長期間のスペイン滞在が難しい方、いざという時のためにEU域内の居住権を取得しておきたい方にとっては、とても使い勝手が良いビザです。

2. 短期間で割安な申請手続き
不動産を含む投資オプション(前回のブログを参照)の中から選択した投資を行った後、ゴールデンビザの申請を弁護士を介して行います。2年間有効な居住権が認可されるまで通常3~4ヶ月かかり、その後本人による手続きが必須な居住カードの申請と受取のために約3週間のヨーロッパ滞在が必要となります。3週間の滞在ができない方は、一度帰国して再度訪問しても問題ありません。またスペインに留まって居住カードの受け取りを待つ必要はありませんので、夏休みを利用してヨーロッパをゆっくり周遊されてはいかがでしょうか?ゴールデンビザの申請費用(弁護士費用は除く)は一人当たり71.86ユーロで、ヨーロッパ各国で最安値の水準です。

3. 会社名義での投資が可能
ゴールデンビザのための投資は、申請者の個人名義で行うことを条件とする国がほとんどですが、スペインではタックスヘブン国で設立された会社を除き、申請者が会社の支配権を持つことを条件に会社名義での投資が可能です。

4. 銀行預金100万ユーロ以上の投資オプション
最も一般的な投資オプションは不動産投資ですが、「100万ユーロ以上の銀行預金」という投資オプションには隠れた大きなメリットがあります。それは、ゴールデンビザの申請時と更新時に6か月程度100万ユーロの預金をするだけで、ビザの取得と更新が認められるということです。投資金額は不動産投資の倍になりますが、資金を長期間固定する必要がないということは大変魅力があります。弊社は、スペインの弁護士と密接なコンタクトを取りながら、お客様に相応しい投資サポートを提供させていただきます。

今回は、スペインのゴールデンビザの特色とその独自の魅力についてをお伝えしました。次回は、具体的な申請条件などの詳細をご紹介していきますね。

アエルワールドの投資家専用LINEでは、世界中の投資ビザの最新情報やセミナーのご案内、視察ツアーなどの情報配信を行っております。ぜひお気軽にご登録ください。チャット機能からお問い合わせやご相談も可能です。

友だち追加