• 2020.01.27
  • ゴールデンビザ
  • ダン岡崎
  • ポルトガル
  • 投資ビザ
  • 投資家ビザ
  • 投資永住権
  • 海外不動産
  • 海外移住

第33回 “ダン岡崎”の一口アドバイス :ポルトガルのゴールデンビザ(17)「リスボンの好立地!新規35万ユーロ物件のご紹介」

こんにちは!海外移住コンサルタントのダン岡崎です。

ポルトガルのゴールデンビザを取得する条件として「50万ユーロ以上もしくは35万ユーロ以上の不動産を購入し維持すること」が必要です。また35万ユーロ以上の不動産の場合は、築30年以上の建物で都市再開発地域内にあり、フルリフォームの対象であることが条件となるため、なかなか該当する新しい物件情報が出てきません。(ポルトガルのゴールデンビザについてはこちら

しかし、この度リスボンの中心近くという好立地にある、35万ユーロ以上のゴールデンビザ適格不動産の情報が入りましたのでご案内します!

物件の名称Alcantara 357

場所:アルカンタラは、リスボン旧市街と、かつて新大陸に向けて船が旅立ったテージョ川の河口にある歴史的なベレン地区の中間に位置しています。リスボン中心地へは電車や地下鉄・市電・バスなどを利用してすぐに行くことができ、リスボン空港までは車で15分の距離です。南のテージョ川を渡る4月25日橋の下にあるエルシュシュ・ファクトリー(LX Factory)までは徒歩圏内で、かつてあった工場や倉庫が、今では数多くのファション店やレストランが並ぶ人気のスポットになっています。他にも、近くにはアートギャラリーや公園、スーパーマーケットなどが多数あり、便利で観光客も数多く訪れる地域です。

物件の概要:4階建てのヨーロピアンスタイルで築30年以上のコンドミニアムです。内装だけではなく、外装、共有エリアも全てリノベーションします。フルリノベーションの完成予定は2021年12月ですが、2020年10月末頃に建築許可が下りることが見込まれており、その後にゴールデンビザの申請が可能になる予定です。(外観はイメージ画、内装は参照用の写真です)

広さと価格:8戸が販売されており、うち35万ユーロ適格物件は4戸、広さは77.7㎡から91.1㎡、価格は35万ユーロから42万ユーロとなっています。リスボンの便利で人気のある立地の物件であるため、短期賃貸にも向いています。

こちらが部屋のレイアウトになりますが、1つ目の物件は4階にあり広さ84.1㎡・2ベッドルームで価格は42万ユーロです。2つ目の物件は、同じく4階にあり広さ83.5㎡・2ベッドルームで価格は42万ユーロです。

35万ユーロ以上の物件は割安感が強く、多くの投資家が待ち望んでいます。しかも今回はリスボンの好立地に位置し、広さも80㎡を超える大型物件なので、なかなか出てこない優良物件です。35万ユーロ以上の物件購入によってゴールデンビザを取得する絶好の機会なので、ぜひご検討下さい!より詳しい情報が知りたい、または不明点を聞きたいなどのご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください!

今回は、リスボンにあるゴールデンビザ申請に適格な35万ユーロ物件をご紹介しました。

アエルワールドの投資ビザコミュニティでは、各国投資ビザの最新情報やセミナーや視察ツアーなどの情報配信を行っております。
ぜひ下記のリンクからご登録ください。
アエルワールド投資家専用LINE登録は、こちらをクリックしてください。