• 2019.11.15
  • ゴールデンビザ
  • ダン岡崎
  • ポルトガル
  • 投資ビザ
  • 投資家ビザ
  • 投資永住権
  • 海外移住

第28回 “ダン岡崎”の一口アドバイス :”ポルトガルの堅調な経済”と”ポルトガル人の外国語能力”

こんにちは!海外移住コンサルタントのダン岡崎です。

今回は、前回に引き続き”ポルトガル・ゴールデンビザ・セミナー”にゲストスピーカーとして登壇した、ポルトガル大使館の経済参事官で投資貿易振興庁の部長でもあるミゲル・ガルシア氏のプレゼンテーションから、「ポルトガルの経済データ」と「ポルトガル人の優れた外国語能力」についてご紹介します。

2018年の経済指標と、2019年と2020年の予測指標です。予測指標は、IMF・OECD・EC(欧州委員会)・BdP(ポルトガル銀行)・MF(ポルトガル財務省)からそれぞれ発表されたものですが、堅調で着実な経済成長が見込まれています。

ガルシア氏によると、ポルトガルはポルトガル語が母国語ですが、高水準の外国語スキルを身につけた人材が豊富で、コミュニケーション(特に英語)が非常に容易な国であるということです。ポルトガルでは、学生全体の78%が第2外国語あるいはそれ以外の外国語を学習しています。EU28か国の平均は65%、フランスの53%やスペインの42%と比較すると、かなり高い割合であることが伝わるかと思います。

以下の二つのテーブルは、ポルトガル人の優れた語学能力を示しています。ET英語能力指数は、英語を第2言語とする成人を対象とした、各国の英語力レベルの世界ランキングです。企業需要に応える語学力は、スイスのIMDが発表する、世界63カ国を対象にして人材競争力を比較する「ワールドタレントランキング」から抜き出したものです。

皆さんもポルトガルに行かれたら、英語がいかに通じるかを実感されると思います。日常的に使用する言語について考えることは、移住を考える上で大事なポイントですよね。
次回も、引き続き興味深いデータをご紹介します!

アエルワールドの投資ビザコミュニティでは、各国投資ビザの最新情報や、セミナーや視察ツアーなどの情報配信を行っております。
ぜひ下記のリンクからご登録ください。
アエルワールド投資家専用LINE登録はこちらをクリックしてください。