• 2019.11.12
  • ゴールデンビザ
  • ダン岡崎
  • ポルトガル
  • 投資家ビザ

第27回 “ダン岡崎”の一口アドバイス :経済参事官が語る”ポルトガルの魅力と強み”

こんにちは!海外移住コンサルタントのダン岡崎です。

さる10月19日(土)、弊社と幻冬舎との共催によりポルトガル・ゴールデンビザ・セミナー”を開催いたしました。ゲストスピーカーとして、ポルトガル大使館の経済参事官で、投資貿易振興庁の部長でもあるミゲル・ガルシア氏が登壇し、ポルトガル経済の状況や不動産市場に関する生の情報を話していただきました。

ガルシア氏は、主にポルトガルへの直接投資を日本企業や投資家に勧める役割を担っていますが、ポルトガルのワインを普及する仕事に携わっていた経験もあり、話題が豊かで親しみやすい方です。今回のセミナー内で行われたプレゼンテーションがとても好評でしたので、彼の承諾を得て、その一部を数回に分けてご紹介いたします。

最初の表は、海外からポルトガルに直接投資される金額の推移を示しています。ガルシアさんが担当しているお仕事にも関わっています。2010年にギリシャの財政危機の余波を受けてポルトガルも経済危機に陥りましたが、2014年から脱却して大幅な流入が続いています。

ガルシア氏が挙げたポルトガルの「魅力」と「強み」は、以下に要約されます。

(1)汎ユーロプロジェクトに強くコミットするポルトガル政府の姿勢があります。近年、プロジェクトなどに懐疑的な国々(ハンガリー、イタリア、チェコ共和国、ポーランド、オーストリアなど)とは一線を画しています。移民に反対する声が高まっているそれらの国々とは違い、海外からポルトガルにやってくる人々を、政府も民間も温かく迎えています。

(2)高い水準の外国語スキルを備えた質の高い人材が豊富で、コミュニケーション(特に英語)が非常に容易な環境です。日々の生活のおいても英語があらゆる局面で通じるので、暮らしの安心感が高い国です(詳しくは次回のブログで紹介します)。

(3)IT ネットワーク・交通・空港・高速道路などの最先端のインフラストラクチャが整備されています。例えば、リスボン空港は都心から車で20分くらいに位置しており、地下鉄で都心まで一直線です。リスボンから国土を南北に結ぶA1高速道は、建設が比較的新しいこともあり、とても快適なドライブが楽しめます。またITネットワークが充実しているので、家族揃ってとても住みやすい環境です。

(4)海外のアイデアと多文化の受け入れにオープンで、ビジネスフレンドリーな国柄です。ビジネスだけではなく、一般的に穏やかで優しいポルトガル人は、とても良い友人になってくれます。

(5)政治的に安定している、世界で最も安全な国の1つです。グローバルピースインデックス(GPI)による「世界で最も安全な国2019」のランキングで第3位に選ばれました。この話題については、第25回Blogに詳しく触れていますのでご覧下さい。Read more at: 世界で最も安全で危険な国2019

次にご紹介する表は、GDPに占める財政赤字の比率の推移を示しています。こちらも、2014年を底にして大幅な改善を続けています。

今回は、ポルトガル経済の順調な状況を示すチャートを二つ掲載しました。次回以降のポルトガル情報続編も、楽しみにしていて下さい。

アエルワールドの投資ビザコミュニティでは、各国投資ビザの最新情報や、セミナーや視察ツアーなどの情報配信を行っております。
ぜひ下記のリンクからご登録ください。
アエルワールド投資家専用LINE登録はこちらをクリックしてください。