• 2019.10.07
  • ゴールデンビザ
  • ダン岡崎
  • ポルトガル
  • 投資永住権
  • 海外不動産

第25回 “ダン岡崎”の一口アドバイス :ポルトガルが”2019年世界平和度指数”で第3位に

こんにちは!海外移住コンサルタントのダン岡崎です。

今回は、2019年世界平和度指数(Global Peace Index)で、ポルトガルが対象163か国中なんと第3位に輝いたというニュースをご紹介します。

世界平和度指数は、シドニーに拠点を置く非営利のシンクタンク、Institute for Economics&Peace(IEP)が毎年発表する、対象国の平和度を測定する指標です。指数は23の構成要素をウェイト付けすることにより計算され、国内平和要素(14)に60%、国外平和要素(9)に40%の配分が与えられています。国内平和要素には、警察・警備員比率(対人口)、殺人数、国内紛争の激しさおよび死亡数、暴力犯罪、政治的不安定、政治テロ、小型武器へのアクセスなどが含まれています。国外平和要素には、軍事費(対GDP)、隣国関係、核および重火器の能力、外部紛争による死亡数、難民数などが含まれています。

国内紛争や治安悪化・軍事力強化など平和維持への不安要素が大きいほど指数は高くなりランキングは下がりますが、相対的に平和度の高いヨーロッパ各国の中でも、ポルトガルは極めて高い評価を獲得しています。
こちらが2019年世界平和度指数ランキングの上位23か国です。

ポルトガルは2018年の4位から1つ順位を上げて第3位でした。第1位はアイスランドで続いて第2位はニュージーランドでした。周辺諸国では、スペイン32位、イタリア39位、英国45位、フランスは意外にも60位に位置しています。その中で第3位になったポルトガルは、安全で暮しやすい国というイメージが世界平和度指数によって証明された感じですね!
ちなみに日本は第9位で、アジアではシンガポールに次いで第2位でした。

世界平和度指数が高いからといって必ず安全が保証されるわけではありませんが、移住先を選ぶ際にとても重要なポイントとなるのではないでしょうか。
こちらも参考にして、ぜひより安心して過ごせる移住生活を目指していただきたいと思います。

アエルワールドの投資ビザコミュニティでは、各国投資ビザの最新情報や、セミナーや視察ツアーなどの情報配信を行っております。ぜひ下記のリンクからご登録ください。
アエルワールド投資家専用LINE登録はこちらをクリックしてください。