• 2019.10.04
  • ギリシャ
  • ゴールデンビザ
  • ダン岡崎
  • 投資家ビザ
  • 海外不動産

第24回 “ダン岡崎”の一口アドバイス :ギリシア・ゴールデンビザの条件厳格化の情報

こんにちは!海外移住コンサルタントのダン岡崎です。

この度、ギリシア・ゴールデンビザの申請及び維持の条件が厳格化されるとの情報を、現地メディア(sofokleousin)を通じて入手しましたのでお知らせします。ギリシャ・ゴールデンビザは、必要な不動産投資額が25万ユーロ以上とヨーロッパでは最も低く、また当初から5年間更新の永住権であることが評価され、近年人気が高くなっているプログラムです。

ポルトガルをはじめ、各国のゴールデンビザが世界の投資家の注目を集めていますが、それに伴い不動産価格の上昇や短期賃貸利用の拡大が起きています。さらに地元の人々が借りやすい賃借物件の不足などの副作用も、最近報道されるようになってきました。そのような状況を背景に、今年 8 月のマルタの申請条件厳格化に続き、ギリシアにも同様の動きが見込まれるといわれています。過去にはアイルランドの申請条件が、 50 万ユーロから一気に 100 万ユーロに変更されました。ギリシャの場合は、投資条件の引き上げにより、富裕層の投資を呼び込もうという意図もありそうです。

今後、ギリシアをはじめヨーロッパ各国ではゴールデンビザの申請条件の厳格化が広がる可能性があります。投資を考えている方々は、そのような情報に注意を払うとともに、なるべく早めに投資を決断されることをお勧めしたいと思います。

以下は決定事項ではありませんが、ギリシャの予想される変更点を列記します。
投資条件の変更
不動産投資額:現在の25 万ユーロ以上から50 万ユーロ以上

その他の条件変更
滞在条件追加:毎年一定期間、もしくは一定金額以上をギリシアに滞在して消費(現在はゴールデンビザ取得から5年後の更新までの期間に滞在要件なし)
有利な所得税優遇措置の設定:外国人の新規居住者を対象とする税優遇制度
不動産以外の投資によるゴールデンビザ申請:ギリシャ会社への資本出資、ギリシア国債や株式への投資、ベンチャーファンドや投資信託等への投資、預金、オルタナティブファンドへの投資など

今回は、ヨーロッパのゴールデンビザに関する気になるニュースをご紹介しました。

アエルワールドの投資ビザコミュニティでは、各国投資ビザの最新情報や、セミナーや視察ツアーなどの情報配信を行っております。ぜひ下記のリンクからご登録ください。
アエルワールド投資家専用LINE登録はこちらをクリックしてください。