• 2019.08.28
  • ダン岡崎
  • ドバイ
  • ドバイ不動産
  • 投資ビザ

第20回 “ダン岡崎”の一口アドバイス :ドバイの不動産ビザ(5)「不動産とビザに関する4つのトピックス」

こんにちは!海外移住コンサルタントのダン岡崎です。

前回までは、3年間の長期居住が認められ更新可能なドバイ不動産ビザ(3年ビザ)に関して、適格な不動産の要件、不動産購入にかかる費用やビザ申請の手続き、ビザを維持するための要件などをお伝えしました。
今回は、ドバイ不動産と不動産ビザに関する興味深いトピックスをいくつかご紹介します。

5年間もしくは10年間有効な長期居住ビザの導入
ヨーロッパをはじめ多くの国では、何年間かの長期居住を経て(5年間が多い)、永住権を申請できるようになるケースが一般的です。ドバイに永住権はありませんが、より長期の居住を推進する政策が進められています。従来2年間だった不動産ビザの居住期間が3年間に延長されたのに加え、2019年に入ってから5年間および10年間の長期居住ビザが新設されました。5年ビザは500万AED(約1億5000万円)以上の不動産投資により5年間、10年ビザは1,000万AED(約3億円)以上を不動産や株式などに投資することにより10年間の更新可能な長期居住権を取得できるというものです。

人口増加が続くドバイ
1980年の時点でわずか28万人足らずだった総人口は、その後の経済発展に伴って急増を続け、現在350万人前後と推定されています。総人口に占める外国人の比率は80%を超え、外国人に労働力を依存する状況が顕著に見て取れます。ドバイの人口構成は若年層が多く、積極的な外国人の誘致を梃子にして、今後も順調な人口増加が見込まれています。このような状況を背景に、ドバイでは画期的な街作りのプロジェクトがいくつか展開しています。住宅を中心に、オフィス・巨大なショッピングモール・学校・ゴルフ場・新しい地下鉄ネットワークなどが作り上げる新しい緑の街が生まれようとしており、グローバル投資家の注目を集めています。

ツーリスト増加と2020年ドバイ国際博覧会
観光地としてのドバイの人気が近年高まっており、ドバイを訪れるツーリストの数も増加の一途を辿っています。2020年10月から2021年4月にかけて開催されるドバイ国際博覧会(ドバイ万博)には、2,500万人の入場者数が想定されています。ホテル客室や短中期滞在型のホテルアパートメントの不足が見込まれており、それらセクターへの外国人投資家の関心が高まっています。

UAEのビザ
ドバイの不動産ビザは、実はUAE(アラブ首長国連邦)のビザです。アラブ首長国連邦(UAE)は、アブダビやドバイを含む7つの首長国からなる連邦国家です。したがってドバイの不動産ビザ保有者は、ドバイに限らず7つの首長国のどこにでも居住することができます。

今回は、ドバイ不動産と不動産ビザに関するトピックスをいくつかご紹介しました。
また次回もドバイ不動産についての情報をお伝えしていきたいと思いますので、お楽しみに!

アエルワールドの投資ビザコミュニティでは、各国投資ビザの最新情報や、セミナーや視察ツアーなどの情報配信を行っております。下記リンクからご登録ください。
アエルワールド投資家専用LINE登録はこちらをクリックください。