• 2019.05.20
  • ゴールデンビザ
  • ダン岡崎
  • ポルトガル
  • 投資永住権

第10回 “ダン岡崎”の一口アドバイス :ポルトガルのゴールデンビザ(7)「維持の要件と投資オプション」

皆様、こんにちは!海外移住コンサルタントのダン岡崎です。

前回は、ポルトガルのゴールデンビザを申請することができる対象者についてお伝えしました。
今回はゴールデンビザを取得するための投資オプションと、ゴールデンビザを維持するための要件についてお話します。

ゴールデンビザを取得するためには、どのような投資オプションがあるのでしょうか?不動産投資が最も一般的ですが、それ以外にもいくつかオプションがあります。

・100万ユーロ以上の資金をポルトガルに移動させること(銀行預金、国債、株式投資、会社設立を含む)
・10人以上の正社員の雇用を創出し維持すること
・50万ユーロ以上の不動産を取得すること
・築30年以上で都市再開発地域内にあり、改装工事の対象の35万ユーロ以上の不動産中古物件を取得すること
・国が指定する公的および私的な科学研究機関で行われるリサーチに、35万ユーロ以上を投資すること
・アーティスティックな創作活動、国の文化遺産の復旧・維持活動のために、25万ユーロ以上の投資あるいは支援を行うこと
・一定の条件を満たす会社への資金提供を目的とする投資ファンドあるいはベンチャーファンドに、35万ユーロ以上を投資すること
・35万ユーロ以上の出資によりポルトガル国内に会社を設立(既存会社への追加出資を含む)し、3年間で5人の正社員の雇用を創出し維持すること

 

また取得したゴールデンビザを維持するためには、基本的に以下の二つの要件を満たさなくてはなりません。
(1)投資を5年間維持すること
(2)ビザを取得した後はじめの1年間は7日以上、その後は2年間を通じて14日以上のポルトガルでの滞在をすること
ゴールデンビザは、取得してから1年後に最初の更新があり、その後は2年ごとに更新されます。

次回は、ゴールデンビザの不動産投資のルールについてご紹介していきたいと思います。
お楽しみに!