• 2019.05.07
  • ゴールデンビザ
  • ダン岡崎
  • ポルトガル

第5回 “ダン岡崎”の一口アドバイス :ポルトガルのゴールデンビザ(2)「ポルトガルの概要と交通・教育」

皆様、こんにちは!海外移住コンサルタントのダン岡崎です。

前回はポルトガルがどのような国なのか、都市の紹介やポルトガルと日本の関係・食文化ついてお伝えしました。
今回も引き続き、ポルトガルの概要や交通・教育についてご紹介したいと思います。

まずは、ポルトガルの概要です。

  • 人口:10,374,822人(2015年 神奈川県よりやや多い位)
  • 面積:24万km²(北海道と鹿児島県を合わせた位)
  • 首都:リスボン、第2の都市はポルト
  • 言語:ポルトガル語、英語、スペイン語
  • 主な宗教:カトリック
  • 通貨:ユーロ
  • ロケーション:ヨーロッパ大陸の南西部。スペインに隣接し、西側は大西洋
  • 気候:夏期の平均気温は20℃-26℃、冬期の平均気温は7℃-11℃の地中海気候
  • 国際的地位:EU加盟国、シェンゲン国、NATO加盟国

交通の便に関しては、首都リスボンはとても充実しています。街の中心部からリスボン国際空港へは車で15分、地下鉄も繋がっています。世界各都市に向けて頻繁にフライトが飛び(パリへの便が最も多い)、アメリカにも近い位置にあります。市内では、ポルトガル名物でもある可愛いトラムが旧市街地の狭い坂道を走り、郊外に向かう鉄道やバス・フェリーも充実しています。

私がリスボンに行って最も感激したことは、実は英語が本当に良く通じるということです。ヨーロッパの小さな国々(ベルギーやオランダが有名)の人々は、いくつもの言語を驚くほど上手に操ります。学校で外国語教育が盛んなこともありますが、ポルトガル人の英語の発音はきれいでコミュニケーションにはほとんど不自由を感じません。お隣のスペインやフランスより英語はよく通じるな、と私は感じました。ちなみに、ポルトガルの12年間の義務教育(公立学校)は無料です。

最近では、テレビでポルトガルを紹介する番組が多くありますね。ご覧になりましたか?このブログと合わせて、ポルトガルのイメージがはっきりと皆様に伝われば嬉しいです。

いよいよ次回は『ゴールデンビザ』についてお話します!
ポルトガル国内の50万ユーロ以上(一定の条件を満たす中古物件は35万ユーロ以上)の不動産を購入し、保有することにより長期居住権を取得するプログラムです。
詳細についてご紹介していきますので、お楽しみに!