• 2020.06.29
  • ギリシャ
  • ゴールデンビザ
  • ダン岡崎
  • 投資ビザ
  • 投資家ビザ
  • 投資永住権
  • 海外不動産
  • 海外移住

第44回 “ダン岡崎”の一口アドバイス :ギリシャのゴールデンビザ(4)良くある質問と回答 FAQ

こんにちは!海外移住コンサルタントのダン岡崎です。
前回は、ギリシャのゴールデンビザの特色と主な申請条件についてお伝えしました。今回は皆様の様々なご質問についてFAQ方式でご説明しましょう。
 

Q1. 21歳以下の子女に家族メンバーとして居住ビザが発行されますが、その子が21歳以上になった場合、ビザはどうなるのですか?

A1. 21歳以上になった子女には、24歳になるまでの3年間有効な本人独自の居住ビザが付与されます。24歳になった時に、関連する法規に従ってビザを更新することができます。

 

Q2. 結婚していないパートナーは家族メンバーとして認められますか?

A2. 婚姻関係にないパートナーは、家族メンバーとして認められません。


 

Q3. ギリシャの居住ビザを取得すれば、シェンゲン加盟国を自由に旅行して居住することができますか?
※シェンゲン加盟国…(オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スロベニア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、チェコ共和国、スロバキア、ハンガリー、マルタ、スイス、リヒテンシュタイン、アイスランド、ノルウェー

A3. 1年以上有効な居住ビザの保有者は、6ヶ月間のうち3カ月間を上限に、他のシェンゲン加盟国を自由に旅行や滞在することができます。

Q4. ギリシャで働くことは出来ますか?

A4. 居住ビザの保有者は、ギリシャで雇用されて働くことは認められていません。家族メンバーも同様です。しかし、起業をしてビジネスを展開することは認められています。

 

Q5. 複数の不動産購入、または居住用以外の不動産購入によって、居住ビザを申請することは出来ますか?

A5. 二つ以上の不動産の購入額が合計25万ユーロを超える場合は、居住ビザの申請が可能です。不動産の種類に制限はなく、居住用不動産、商業用不動産、土地(建築契約が必要)の購入によって、居住ビザを申請できます。また、期間10年超で25万ユーロ以上のホテルアコモデーションのリース契約も、ゴールデンビザの申請に適格な不動産投資として認められます。

 

Q6. 100万ユーロの不動産を4人で購入した場合、各人が居住ビザを取得することができますか?

A6. はい。一人当たり25万ユーロ以上の投資により、各人に居住ビザが付与されます。

Q7. 不動産を購入する地域に制限はありますか?

A7. 国境地域と一部の島々を除いて、ギリシャ全土で不動産を購入することができます。

 

Q8. 不動産以外のゴールデンビザの投資オプションは、どのようなものがありますか?

A8. ・不動産投資会社の株式および債券、ギリシャ不動産投資に特化する投信、ギリシャ不動産ファンド…40万ユーロ以上
・ギリシャ上場企業の株式および債券…40万ドル以上
・ギリシャ内に本社を置くベンチャーファンドおよびプライベート・エクイティーファンド…40万ユーロ以上
・銀行預金…40万ユーロ以上
・ギリシャ国債および社債…80万ユーロ以上

Q9. 市民権を申請するための条件は何ですか?

A9. ギリシャに7年間継続的に居住した後に市民権の申請が可能になりますが、それに先立って長期居住ビザの取得が求められます。長期居住ビザは、その申請に先立つ5年間に4年2カ月以上のギリシャでの居住、およびその間に6カ月以上の非居住期間がないことが申請の条件です。

今回は、質疑応答の形式でゴールデンビザの詳細をご紹介しました。他にもご質問がありましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。

アエルワールドの投資家専用LINEでは、世界中の投資ビザの最新情報やセミナーのご案内、視察ツアーなどの情報配信を行っております。ぜひお気軽にご登録ください。チャット機能からお問い合わせやご相談も可能です。

友だち追加