• 2018.12.27
  • ドバイ
  • 移住
  • 視察レポート

ドバイ視察レポート 第3弾 ~ドバイの食事情~

こんにちは、スタッフの北原です。前回に引き続き、ドバイの視察レポートです。(前回のレポートはこちらから

今回はドバイの食事情についてです。

海外にいると楽しみにもストレスにもなりえる「食」。生活に密接に関わることですので、自炊・テイクアウト・外食のいずれも知っておきたいですね。

世界最大級のショッピングモールであるドバイ・モールには、ウェイトローズと呼ばれるイギリス系のスーパーが入っています。(お土産になるデーツのお菓子などが安価に入手できますので、視察の際には是非足を運んでみてくださいね)

ウェイトローズには、ネギや柿などの日本らしい食材だけでなくアジア各国の調味料も売っていて、まったく不自由いたしません!約200の国と地域からやって来た人々が住まう究極の多国籍国家ですから、むしろ選択肢が豊富です。

お野菜がこんなに綺麗に並んでおり、日本のスーパー顔負けです。こちらのオーストラリア産の人参は、1kgでDHS4.50(約135円)。意外に安く購入できます。

チキンやお惣菜など、量り売りのデリは各国の料理が充実しています。お昼時はデリに人が並んでいることも。サンドイッチ・サラダ・フルーツはパックで売られていて手軽に食べられますので、時間の無い人は足早に購入していきます。

ランチ時間も東京ほど混み合う印象のないドバイ。フードコート含め、席には余裕があるので外食もお薦めです。個人的に好きだったのはレバノン料理です。野菜・ナッツ・フルーツが使われているヘルシーなお料理もありますが、肉料理も豊富です。羊・山羊の乳からつくられるフェタチーズやヨーグルトなど、ギリシャやブルガリアを思わせる料理もあります。

ニンニク風味のクリーミーで贅沢なヨーグルトに、肉詰めが入ったお料理。

こちらはグリルされたチキンとお野菜が入ったラップ。

ドバイ・モールのレバノン料理:以上3品を2人で食べると結構なボリュームで、一人1,800円くらいです。様々な国のレストランがありますので、もちろんお寿司もございます。こちらのSushi Art(スシ・アート)は2人前で7,000円程度。

紙ではなくリネンのナプキンのあるダウンタウンのレストランで、サービスを受けながらランチするのであれば、だいたい2,000円前後からでしょうか。

さて、いよいよ次回以降のドバイ視察レポートでは、このお写真で私の背景にあるディスプレイに映っているような、美しいシービューの不動産情報もご紹介いたします!

ドバイを含む海外不動産情報・各種投資家ビザなど、厳選された情報を当社の投資家専用LINE@や個別説明会にてご紹介しております。
宜しければこちらからご登録ください。(IDからのご登録は @aerworldで検索ください)

友だち追加

それでは次のレポートをお楽しみに!

ドバイ投資家ビザ詳細はこちらから