お問い合わせフォーム

スペイン(バルセロナ)の投資家ビザ

地中海岸に面するバルセロナ市はスペイン王国カタルーニャ州に属する同国第二の商業都市です。同市中にはアントニ・ガウディ設計の建築物(サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園)、ダリやパブロピカソの美術館等、数多くの観光資源を有する美しく魅力ある街となっています。近年では同市を本拠とするサッカーチーム(メッシ選手所属のFCバルセロナ、RCDエスパニョール)に世界中の有名選手が集まり、サッカー観戦やサッカー留学でも大きな注目を集めています。

地中海に面しているので食事も新鮮な海の幸を生かした料理から、高級豚肉として有名なイベリコ豚等多彩。日本人好みの米を主体としたパエリアも有名ですね。そのようなスペインに居住できる新投資家ビザは世界中から注目されています。


[主要言語]
カタルーニャ語(スペイン語ではない)
[バルセロナ市人口]
160万人程度

申請ビザについて

一定の条件を満たしたスペイン国内の不動産に投資することによって申請が可能となるビザです。 当初は1年間の滞在が可能となり、その後も投資を維持していると更新が可能となり、最終的には永住権の申請が可能となります。

不動産情報
・物件1:Ciutat Vella(シウタ・ベリャ)
・物件2:Horta Guinardo(オルタ・ギナルド)

<ビザ発給後の更新イメージ>
1年(Resident Permit)→2年(更新)→2年(更新)→5年(Long-term residence permit)→永住権申請へ

*法改正およびお客様の状況によっては実際とは異なる可能性がありますので、詳細は担当までご確認ください。

投資家ビザの魅力
・主に不動産購入を実施することによってビザを申請でき、維持ができること
・購入した不動産を賃貸運用及び不動産ローンを活用できること
・家族(ご夫婦、未成年のお子様)での滞在が可能となること
・シェンゲン協定の地域(スペイン以外の仏、伊、独等)に滞在できる機会が得られること

※不動産投資以外の投資条件例
・スペイン国債購入(200万ユーロ以上)
・スペイン企業の株式購入(100万ユーロ以上)
・スペインの金融機関への預金(100万ユーロ以上)

※上記内容は最新の移民法、もしくは信頼できると思われる情報を元に作成しておりますが、法律の改正、状況の変化によって実際とは異なる可能性があり、当社がその正確性・完全性において保証するものではありません。(1402)

主なビザ申請条件

・最低500,000ユーロ以上に相当する不動産を所有し、維持すること
・ 健康状態が良く、犯罪の経歴がないこと
・ ビザ取得後、速やかに1度は入国すること

サポート内容

・投資家ビザの申請代行
・ 不動産情報の提供及び視察のアテンド手配
・ 移民法、ビザ申請情報の提供
・ バルセロナ移住情報の提供及び相談
・ 提携金融機関における現地生活費及びビザ申請資金の準備(サービス、手数料は金融機関の規定に従います)
・ 渡航前税務診断(申告等の実務が発生する際、別途要代金)

<オプション>
・ お子様のインターナショナル校手配(105,000円/人)
・ 現地下見の手配(※別途要代金)
 <内容> 学校及び不動産視察、生活オリエンテーション

申請までのおおよその流れ

1.ロングステイ準備期間(滞在予定場所・投資不動産視察、申請・生活資金の準備:半年~2年程度)
2.申請書類準備期間(健康診断等、申請書類の収集:3ヶ月程度)
3.ビザ申請代理人によるビザ申請の代行(審査期間は3週間程度)
4.ビザ発給後、渡西

※スペイン投資家ビザにご関心がおありの方はこちらから、又はフリーコール(0120-070-069)までお問い合わせください。

お問い合わせフォーム