• 2021.05.19
  • ドバイ
  • ドバイ不動産
  • 投資ビザ
  • 投資家ビザ
  • 海外不動産
  • 海外移住

ドバイ在住の忙しいファミリー必見【メイド制度】のご紹介

ドバイの忙しいファミリーに必須のメイド。
日本の家政婦とは異なり、それぞれ専門職として雇用するという感覚です。
職種は大きく分けて下記4点があります。

メイド:掃除や食事等全般
ハウスキーピング:掃除全般
ナニー: ベビー・チャイルドシッターメインのメイド
ベビーシッター:短期の乳幼児対応がメイン

利用するためには、一定の条件をクリアする必要があります。

まず、住込かパートタイムの利用を決める必要があり、それぞれ認定の事業者に依頼する必要があります。
個人的に雇用すると、多額の罰金(最大150万円程度及び国外追放など)が科せられることもありますので注意が必要です。
ドバイは旅行者やビジネスマン、ファミリーに快適で寛容な国ですが、ルールを守らないと大きなダメージを負うことになるので注意が必要です。

パートタイムの場合は、
4時間:3000円~4500円程度(時給1000円程度)
で依頼可能です。

フルタイムで雇用する場合は、政府管理のTadbeer社を利用する必要があります。
同社は様々なメイドのサービスを提供しているので、安心して利用できます。
ただし、雇用する際は雇用主として少なくとも次の条件を満たす必要があります。

1.月給約75万円以上の収入証明
2.結婚証明書と配偶者のパスポートとビザ(カラーコピー)
3.2ベッドルーム+メイドルームか3ベッドルーム以上の部屋

つまり、独身は不可ということです。
そしてメイド自身がビザを有していないと年間約20万円~30万円程度のビザ費用を負担する必要があります。

最後に、メイドの権利も守らなければなりません。

<雇用主が負担する主な費用>
1.給与は期日から10日以内に支払い
2.週休1日(有給)
3.8時間の連続休憩を含む1日12時間の休憩
4.年間30日間の有給休暇
5.医療保険
6.年間30日間の医療休暇
7.帰省用の航空券(2年ごと)
8.適した家と部屋と食事と服装

<住込メイドの就労イメージ>
※合計12時間未満
・家事全般:5時間
・ベビー又はチャイルドケア:3時間
・調理:2-3時間

<住込メイドの最低概算費用>
合計:約170万円(年間)
ビザ関係:30万円(2年)
給料:約120万円
保険:3万円程度
管理会社費:約24万円/年

日本と違い細かな条件がありますが、ビジネスや家族との時間を確保できるメイド制度は検討の価値ありです。
気になる方はぜひお問い合わせください!

【ご案内】
1.投資家ビザ公式アカウント
各国投資家情報始めハワイをはじめとした海外不動産情報など、厳選された情報を当社の投資家専用LINE@や個別説明会にてご紹介しております。
宜しければこちらからご登録ください。(IDからのご登録は @aerworldで検索ください)

友だち追加

2.Youtubeチャンネル
毎週水曜日に行っている海外に関心がある投資家向けのLive Seminarを、約1週間後に、当社Youtube公式チャンネルにアップしております。

【アエルワールド投資家向公式Youtubeチャンネル】
「国別投資家ビザ・グリーンカード通信」 にてお楽しみください