ニュージーランド

ニュージーランド

ニュージーランドについて

北と南に分かれた主要な2つの島と、周辺の島々で構成されるニュージーランド。北島には首都であるウェリントンや国内最大の都市オークランドがあり、経済の中心地として知られています。南島には手つかずの大自然が広がり、世界最高峰のマウントクックや雄大なフィヨルドなど、有数の観光スポットが訪れる人を魅了します。

南半球に位置するため、気候は日本と真逆です。年間を通しての気温差は8~9℃で、日本ほど季節による大きな温度変化はありません。しかし、「1日のなかに四季がある」と言われるほど1日の気温差が激しく、夏でも夜になると上着や厚手のシャツが必要です。

ニュージーランドを語る上で重要なのが「マオリ族」。イギリス人が入植する前から先住し、今でも国民の約15%がマオリの血を引いていて、その文化は人々の生活に根付いています。例えば、ラグビーでおなじみの「ハカ」は、マオリ族が戦場で敵と対峙する時に披露する伝統的な踊りで、現在でも結婚式やお葬式など、特別な行事の際に披露されます。
一方で、クライストチャーチをはじめとする南島の都市は「もっともイギリスらしい街」と呼ばれ、イギリスの影響を強く受けた建物や習慣があります。
マオリとイギリスが融合した独自の文化は、ニュージーランドの魅力のひとつです。

公用語は、全土に渡ってイギリス式の英語が使われていますが、地域によってイントネーションや言い回しは大きく異なります。マオリ語を語源とする単語や発音も存在し、ニュージーランドの英語は「キーウィ・イングリッシュ」と呼ばれるほど、独自に確立された言語として知られています。
最初こそ言語への戸惑いを感じる人が多いものの、ニュージーランドならではの、大らかで移民を快く受け入れる国民性がファンを離さず、留学先・移住先としての人気は絶えません。

主要言語 英語,マオリ語,手話(2006年以降)
人口 約495万人(2019年3月 / 外務省)
面積 27万534km²(日本の約4分の3)
首都 ウェリントン
主な宗教 信仰を持っている国民は総人口の約53%
そのうち48.9%がキリスト教徒(うちカトリックが約26%、以下、英国国教会,長老会,メソディスト)※2013年国勢調査
通貨 ニュージーランド・ドル(NZ$)
時差及び飛行時間 日本との時差は+3時間
日本からの飛行時間は約11時間

申請ビザについて
※2017年5月に申請条件が一部変更

ニュージーランドの投資家ビザは、一般投資家ビザ(Investor Visa:Category 2)と上級投資家ビザ(Investor Plus Visa:Category 1)の2種類に分かれており、投資額によって条件が異なります。
投資家カテゴリーについてはEOI(永住申請意思表明)のセレクションを経てからのビザ申請になり、以前と比較して難易度は上がってきていますが、永住権維持の容易さにより根強い人気があります。

Investor Visa 一般投資家ビザ

  • 一般投資家ビザの主な申請条件
    ※2017年5月に変更

    • 1)65歳以下であること
    • 2)事業経験年数が最低3年以上あること
    • 3)300万NZドルの投資を4年間行なうこと
    • 4)申請者および扶養家族に一定の英語力があること(IELTS試験にて平均3点以上)
    • 5)4年間の投資期間中、年間146日以上×3年間、または全体で438日以上居住すること
    • 6)EOIのインビテーション取得(ポイントテストで60点以上が望ましい)を有すること

    ※2020年6月18日発表のセレクションですと、62点以上が選ばれております。

  • ポイントテスト

    • 1)事業 経験点

      • ① 3年以上:9点
      • ② 4年~9年:9点+年数×3点
      • ③ 10年以上:30点
    • 2)語学力点(IELTS:Overall)

      • ① 3Point:1点
      • ② 4Point:4点
      • ③ 5Point:10点
    • 3)投資金額点

      • ① 300万NZD :10点
      • ② 300万NZD以上 :10点+25万NZD×5点
      • ③ 975万NZD以上 : 145点
    • 4)年齢点

      • ①25歳以下:35点(※26歳~59歳:1歳ごとに1点ずつ減点)
      • ②60-65歳:0点
  • セレクションクリア想定例

    • 1)事業経験:30点(10年以上:売上げ、雇用規定有り)
    • 2)語学力(英語):4点(IELTS4以上)
      ※一般的な大卒の方が3ヵ月程度の留学で達成可能なレベルです。
    • 3)投資金額:20点(350万NZドル)
    • 4)年齢:10点(45才)

    合計:64点(投資資金をアップしておりますが、英語力アップでの対応も可能です。)

申請までのおおよその流れ
  1. 申請書類準備期間(健康診断等、申請書類の収集:半年~1年程度)
  2. NZビザ申請代理人によるEOI登録申請(最長6ヵ月間有効)
  3. EOIのインビテーション取得後にビザ申請の代行(6〜10ヵ月程度)
  4. ビザ発給

Investor Plus visa 上級投資家ビザ

  • 上級投資家ビザの主な申請条件

    • 1)年齢制限:無
    • 2)英語力:不問
    • 3)事業経験:不要
    • 4)投資義務:1,000万ドル以上の投資を3年間行うこと
    • 5)滞在義務:3年の投資期間中2年間は年間44日以上居住すること
申請までのおおよその流れ
  1. 申請書類準備期間(健康診断等、申請書類の収集:半年~1年程度)
  2. NZビザ申請代理人によるビザ申請の代行(4〜12ヵ月程度)
  3. ビザ発給

※上記内容は最新の移民法、もしくは信頼できると思われる情報を元に作成しておりますが、法律の改正や状況の変化によって実際とは異なる可能性があり、当社がその正確性・完全性において保証するものではありません。

ニュージーランド投資家ビザにご関心をお持ちの方はこちらから、または0120-070-069までお問い合わせください。