マレーシア

マレーシア

マレーシアについて

東南アジアの中心に位置し、タイやシンガポール、インドネシア、ブルネイと国境を接するマレーシア。1957年のイギリスからの独立以降、天然ガス・ゴム・パーム油などの資源を活かして独自の経済成長を遂げ、ASEAN諸国において先進的な地位を築いてきました。

赤道に近く、熱帯雨林気候に属するマレーシアは、年間を通して気温差がほとんどなく、常夏で日差しもかなり強いのが特徴です。11~2月は雨季ですが、長雨が続く日本の梅雨とは違い、スコールが30分程度降った後に再び太陽が出るという南国特有の雨の降り方です。スコールは乾季の間も降るため、年中高温多湿で蒸し暑い気候です。

多くの先住民族をはじめ、マレー系・中国系・インド系民族がともに暮らす多民族国家で、各国の特徴が混ざり合った独自の文化が形成されています。国教はイスラム教で、公共の場所やお店では服装や食事に制限が設けられることも。
一方で、イスラム教のラマダン終了、キリスト教のクリスマス、中国の旧正月など、各国の祝日が混在していて、各民族がお互いの文化や宗教を尊重し合って暮らしています。

マレー人・華人・インド人など、そのルーツによって多少国民性の違いはありますが、一般的に、熱帯地方に多い開放的で陽気な性格の人が多く、日本人のファンも多く訪れます。

公用語はマレー語ですが、かつてイギリスの植民地だったこともあり、英語は準公用語として広く使われています。ビジネスの場はもちろん、観光地や公共施設などでの会話は英語のため、言語におけるコミュニケーションで困ることは少ないでしょう。

主要言語 マレー語(国語)、中国語、タミール語、英語
人口 約3,200万人(2017年 / マレーシア統計局)
面積 約33万km²(日本の約0.9倍)
首都 クアラルンプール
主な宗教 イスラム教(連邦の宗教)(61%)、仏教(20%)、儒教・道教(1.0%)、ヒンドゥー教(6.0%)、キリスト教(9.0%)、その他
通貨 マレーシア・リンギット(RM)
時差及び飛行時間 日本との時差は−1時間
日本からの飛行時間は約7時間半

申請ビザについて

マレーシアの滞在に必要なビザは、主に「MM2H(Malaysia My Second Home)」があります。MM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)とは、マレーシア政府が推進している外国籍の人のための長期滞在ビザのことです。
現地金融機関に一定以上の定期預金を実施することによって取得できるビザで、最長10年までの滞在を許可される(滞在中の延長申請も可能)ロングステイヤーに最適なビザとなっています。

申請条件は豪州等に比べて満たしやすく、50歳以上の方であれば約500万円程度をマレーシアの銀行に定期預金にて行い、月々35万円程度の収入があれば、現地適格企業を通じてビザ申請を行うことが可能となります。
しかし移民法改正等により、預金額の引き上げや条件の改正が行われる可能性があるため、適切な準備を行い、申請条件を満たしている間に取得されることをお薦めしています。

「MM2H」のメリット※2020年8月31日現在、MM2Hの新規申請受付は一時的に停止されています。

(1)10年間、それ以降も滞在できる
マレーシアに10年間、長期滞在することができます。また、申請をすればさらに10年間延長でき、実質的な永住も可能となります。
(2)滞在義務がない
マレーシアに滞在する義務はなく、ビジネスやご家族の都合に合わせて、日本とマレーシアを自由に行き来することができます。
(3)年齢、語学力、ビジネス歴が問われない
長期滞在ビザの申請条件に、年齢・語学力・現地でのビジネス歴などの制限を設けている国が多い中で、MM2Hはこれらの条件を気にすることなく申請することができます。
(4)家族も同行できる
メイン申請者の配偶者、21歳未満の未婚の子女、60歳以上の両親も帯同可能です。最近では、お子様の教育目的で申請を検討される方が増えてきています。
(5)マレーシアの銀行口座が持てる
マレーシア国内で口座を開設することができます。年間の利子が3%以上と言われるマレーシアの銀行口座。このため日本国内からマレーシアへ資産を移動させる方が増えています。
(6)優遇ローンで住宅を購入できる
MM2Hを取得することで、マレーシア国内に不動産物件を購入することができます(条件あり)。さらに住宅ローンの融資において有利となることが多いです。
(7)投資運用先として魅力的
マレーシアの物価は安く、税金は外国人に有利な税率となっているため、日本よりもコストを抑えて生活することができます。MM2Hを取得していれば、現地の金融商品や投資商品も購入でき、資産の運用先として注目されています。
(8)条件付きで現地就労が可能
50歳以上で専門職を有する場合に限り、週20時間以内での現地就労が可能です。
年々増加傾向にある日本のMM2H取得者

2002年には全世界でもわずか800人程度だったMM2Hの取得者数は、2017年には6,200人近くまで増加しました。日本人の取得者は世界の中でも大変多く、2018年時点での取得者数の合計は、中国に次いで第2位。資産運用目的の富裕層や、子どもの教育を目的としたファミリー層など、ロングステイを検討中の幅広い世代に注目されています。

国別年間MM2H取得者数(単位:人)
2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 取得者数
合計
中国 241 521 468 502 242 90 120 114 154 405 731 1337 1307 719 1512 2923 1495 12881
日本 49 99 42 87 157 198 210 169 195 423 816 739 428 300 281 352 233 4778
バングラデシュ 0 32 204 852 341 149 68 86 74 276 388 285 250 205 283 451 191 4135
イギリス 108 159 210 199 209 240 208 162 141 153 139 148 117 83 110 200 105 2691
韓国 5 12 66 60 65 152 86 54 49 64 85 98 137 120 184 693 449 2379
シンガポール 96 143 91 62 94 58 48 61 73 78 83 145 94 67 93 117 56 1459
イラン 0 2 8 7 9 59 227 212 227 286 201 51 17 19 8 43 23 1399
台湾 38 95 140 186 63 31 16 36 49 70 85 151 83 71 77 134 71 1396
香港 17 41 86 56 47 10 6 14 2 15 35 62 44 42 78 339 193 1087
インド 45 123 118 80 51 46 32 35 51 50 56 41 42 46 68 100 63 1047
その他 227 404 488 476 462 449 432 546 409 446 543 618 555 539 653 843 460 8550
合計 826 1631 1921 2567 1740 1482 1453 1489 1424 2266 3162 3675 3074 2211 3347 6195 3339 41802

出典元:MM2H Official Portal

主な申請条件

  • 50歳以上の方

    • 1)マレーシアの金融機関に15万RM(約450万円)以上の金融機関の残高証明
      ⇒預金1年後に、自宅の購入・教育・医療目的に限定し、当局の許可後に5万RM(約150万円)の出金が可能
    • 2)マレーシア国外に月収1万RM(約30万円)以上の収入証明
    • 3)35万RM(約 1,050万円)以上の 金融資産(銀行預金)
  • 50歳未満の方

    • 1)マレーシアの金融機関に30万RM(約900万円)以上の金融機関の残高証明
      ⇒預金の1年後に自宅購入・教育・医療目的に限定し、当局の許可後に15万RM(約450万円)の出金が可能
    • 2)マレーシア国外に月収1万RM(約30万円)以上の収入証明
    • 3)50万RM(約 1,500万円)以上の 金融資産(銀行預金)
  • その他必須条件

    • 1)医療保険加入:医療保険への加入義務があり、マレーシア国内の認可保険会社を通して行う必要があります。
    • 2)教育(子供):7歳以上の子供がいる場合は学生ビザを取得し、就学の必要があります。
    • 3)納税:株式や不動産等売却益は課税対象となっています。
      ※日本より送金される年金については、申請により非課税とすることが可能。
申請までのおおよその流れ
  1. 移住準備期間(滞在予定場所視察、申請・生活資金の準備:半年~2年程度)
  2. 申請書類準備期間(申請書類の収集:1~3ヵ月程度)
  3. 仮ビザ申請の代行(1~3ヵ月程度)
  4. 仮ビザ発行後渡航し健康診断及び保険の申し込みを行い、必要預金を送金
  5. 4.が終了後、まもなくMM2Hビザ発給

※上記内容は最新の移民法、もしくは信頼できると思われる情報を元に作成しておりますが、法律の改正や状況の変化によって実際とは異なる可能性があり、当社がその正確性・完全性において保証するものではありません。

※マレーシア退職者ビザ(MM2H)にご関心をお持ちの方はこちらから、または0120-070-069までお問い合わせください。