• 2019.01.27
  • オアフ島
  • グリーンカード
  • ドライブ
  • ハワイ大好きミネ

ハワイ移住-Part6(グリーンカード)

2019年2回目の投稿、ハワイ大好き西麻布在住のミネです。
一時期、ハワイなんて誰もが行くから行きたくないぁみたいな風潮があったのですが、Instagram(インスタグラム)の影響なのか、20-30歳代を中心に凄く人気がでています。インスタグラマーと言われる女子のほとんどが、ここ2−3年以内に1度は訪問している様子。リアルタイムでハワイに行っている友人(タレント)も複数人います。ちなみに広尾のJTBで旅先を相談したことが数年前にあるのですが、担当の方に、逆ならどこにいきますか?ってきいたところ「ハワイ」と仰っていました。数々の国にいってもハワイに魅力を感じる。同感です!ちなみに5月の10連休は既にバリ島を予約しているのですが、これは仕事も絡めての旅行。なにもしがらみがなれけばオアフ島に行っちゃうなーと思いながら予約したんですw

タイトルでグリーンカードに触れていますが、このグリーンカードって皆さんも御存知の通り永住権ビザなんですが、僕の知人が2人、アメリカ国籍の方と結婚しています。ホテルのプールでビザについて話をしていたとき、初めて知ったのですが、結婚して1度目の更新は2年。2年で更新手続きをしないと失効しちゃうんです。2年の更新手続きが完了すると、次は10年。さらに10年おきに更新するらしいのです。日本の免許証程度のサイズのカード。アメリカ国籍を与えられているわけではなく、永住権なので結婚してても更新が必要なのかぁと驚きました。これは無論アメリカ永住権なので、メインランドでも有効。アメリカ全土での永住権が認められているのでメインランド(本土)へは移住ではなく、引っ越しとなるわけです。EB5でメインランドのプロジェクトに投資をしても同じで、アメリカ全土の投資永住権が貰えるので、ハワイで生活することが可能になるわけです。

出生地主義で国籍を与えるという既存の考え方から、納税や投資、雇用などを生んだ人に国籍を与えようというのが先進国で進んでいるように思います。国にとって利益(国益)とはなにか?経済的に利益がある方が良いよね!ってなるのは合理主義が進むとそうなるのも理解できます。

僕のビジネス(ハワイ)も着実に進んでいます。2月に登記が完了予定。本格的な事業スタートは7月になりそうです。
まだ発表は差し控えますが、楽しみにしていてください!Instagramを賑わせてみせますよ!

ブルーノ・マーズ(ハワイ出身)を聞きながら、オアフ島をドライブするのは至高の時間です。
ではまた(ASAP)

MAHALO!!