お問い合わせフォーム

マレーシアの投資永住権

申請ビザについて

マレーシアマイセカンドホームビザ(以下、MM2H)とは、現地金融機関に一定以上の定期預金を実施することによって取得するビザで、最長10年までの滞在を許可されるロングステイヤーに最適なビザとなっております。
申請条件は豪州等に比べて満たしやすく、50歳以上の方であれば約500万円程度をマレーシアの銀行に定期預金を行い、月々35万円程度の収入があれば、*現地適格企業を通じてビザ申請を行うことが可能となります。しかしながら移民法改正等により、預金額の引き上げや条件の改正が行われる可能性があるため、適切な準備を行い、申請条件を満たしている間に取得されることをお薦めしております。

【主な申請条件】
※下記の条件を満たすことが必要(RM=マレーシアリンギット)
1)50歳以上の方は以下条件を満たす必要があります。
  ①マレーシアの金融機関に15万RM(約450万円)以上の金融機関の残高証明
   (預金1年後に、自宅の購入・教育・医療目的に限定し、当局の許可後に5万RM(約150万円)の出金が可能)
  ②マレーシア国外に月収1万RM(約30万円)以上の収入証明
2)50歳未満の方は以下条件を満たす必要あり
  ①マレーシアの金融機関に30万RM(約900万円)以上の金融機関の残高証明
   (預金の1年後に自宅購入・教育・医療目的に限定し、当局の許可後に15万RM(約450万円)の出金が可能)
  ②マレーシア国外に月収1万RM(約30万円)以上の収入証明

【その他必要用件】
1.医療保険加入:医療保険への加入義務があり、マレーシア国内の認可保険会社を通して行う必要があります。
2.教育(子供):7歳以上の子供がいる場合は学生ビザを取得し、就学の必要があります。
3.納税:株式や不動産等売却益は課税対象となっています。
※日本より送金される年金については、申請により非課税とすることが可能。

申請までのおおよその流れ

1.移住準備期間(滞在予定場所視察、申請・生活資金の準備:半年~2年程度)
2.申請書類準備期間(申請書類の収集:1~3ヶ月程度)
3.仮ビザ申請の代行(1~3ヶ月程度)
4.仮ビザ発行後渡馬し健康診断及び保険の申し込みを行い、必要預金を送金
5.4終了後、まもなくMM2Hビザ発給

※上記内容は最新の移民法、もしくは信頼できると思われる情報を元に作成しておりますが、法律の改正、状況の変化によって実際とは異なる可能性があり、当社がその正確性・完全性において保証するものではありません。(1301)

※マレーシア退職者ビザ(MM2H)にご関心がおありの方はこちらから、又は0120-070-069までお問い合わせください。

お問い合わせフォーム